損得だけでは割り切れない家

家の購入は、多くの人にとって、一つの夢です。これは金銭的な損得だけでは割り切れない、大きなライフイベントです。
結婚して、子供が生まれ、家族が出来ると、家を持つことの重みが一層増します。仕事をする上で、家を持つことが張り合いになり、また子供達の成長の過程が刻まれる思い出の宝箱にもなっていきます。
一方、忘れてならないのが、不動産という商品の特徴です。人は物を買う時に、買った物の価値について、常に考えているわけではありません。必要だから買い、欲しいから買います。しかし、不動産の場合、常に意識の何処かで、その価値を確認し続ける必要があります。
家を買う場合、通常は住宅ローンを組んで購入します。不動産価格が上昇し続ける状況であれば、現在価値について、それほど意識する必要はないかも知れません。しかし、物件価格が上がったり、下がったりする場合は、常に価格について気を配る必要があります。
バブル経済が崩壊するまでの間、日本の不動産価格は上昇を続けました。しかし、バブル経済崩壊後、不動産価格は低迷し、買えば必ず値の上がる時代は終わりを迎えました。そのような環境下で家を購入する場合、その不動産がすぐに売れる商品になるかは、非常に大きな意味を持ちます。それが価値ある物件であれば、購入時よりも高く売ることさえ出来るかもしれません。
現在価値を常に意識する。
借りるより買う方が難しい

 

 

経済的な視点で考えれば、買っても借りても、どちらが得で、どちらが損、ということは、言えません。
購入する、ということは、所有者としてのリスクが発生する一方で、所有することによる利益も発生するからです。
現実的には、家を購入する方が、家を借りるよりも難しいということがあります。どちらも審査はありますが、長期の住宅ローンに対する信用調査の方が家主の入居審査よりも、より厳しいからです。
つまり、自身が購入するつもりでも、いざ手続きを始めてみると、購入出来ないという場合が多々発生します。
購入できないリスクも知っておく。

借りて住む時のライフプラン

家を借りて住む場合に注意しなければならないのは、老後の資金計画です。購入する場合には、ある時点でローンの支払いが完了します。しかし、借りて住む場合、家賃の支払いに終わりはありません。
住宅をローンで購入すると、必ず生命保険に加入します。従って、一家の大黒柱に万一のことがあっても、ローンを返済したうえで、家は持ち家として残ります。
しかし、賃貸住宅に住み続ける場合は、老後の住居費を確実に積み立てる必要があります。また、家族がいる場合には、生命保険などに加入して、万一の場合でも生活できるように、保障や貯蓄の準備を進める必要があります。
家族のための保障を忘れずに。
老後に買う
場所さえ選ばなければ、田舎の家やリゾート物件などを、安く現金で買うことは可能です。
定年までは、仕事の都合に合わせて、好きな場所へ移り住む。老後は場所を決めて自然豊かなリゾート地に家を現金で購入する。こんな方法も選択出来るかもしれません。
気をつけなければならないのが、途中で方針が変わった場合。ある程度の年齢までにローンを組まないと、返済期間が短すぎて、家をローンで購入することが出来なくなります。また、高齢者になると、家を借りにくくなるという現実的な問題もあるようです。
借りて住むことを選んだ場合には、貯蓄に励み、定年前後に現金で家を買うということを、ライフプランの中に組み入れるのがよいかも知れません。
現金でも買うことはできる。

「火災保険」

火災保険にはさまざまな特約があり、特約のつけ方によって補償範囲は様々です。
住宅ローンを契約した場合には、ローンの期間に合わせた契約期間にすることが大切です。長期契約は保険料の割引率が高く保険料を節約できます。一方で、短期契約にすると、更新時に補償内容が悪化していたということも考えられます。
商品の変更により内容が良くなる場合は、入りなおして、旧契約を解約すれば対応できますが、内容が悪くなった場合には、悪い内容でも更新するしか方法がありません。
補償内容は契約のパターンによって決まりますが、家の立地場所は、川の近く、海の近く、崖のそば、幹線道路沿い、など様々です。
火災保険契約時には、わが家のリスクを確認し、どのようなケースで補償の対象になるのか、事前に確認しておくとよいでしょう。
住宅購入でどのような備えが必要か
人生でもっとも大きな買い物と言われるマイホーム。住宅購入でどのような備えが必要か、を考えてみましょう。

 

住宅は生活の拠点

ライフイベント表を前にすると、自分の過ごしてきた時間を懐かしく思い出すことが出来ます。思い出は住んでいた場所と密接に関わりますので、生活の拠点となる住宅は大切です。
周囲の環境はその家に住む家族、それぞれの人生を形作ります。近くに自然があり、買い物に便利で、交通の便が良く、職場まで近く、学区内に人気の学校があり、治安がよい場所。こんな場所に住めると良いのですが、実際は収入の制限やこどもにかかる教育費、親の介護などの様々な条件により、実現可能な住宅が決まります。
また、住宅は高価な買い物です。購入の機会はたいてい、人生で一度か二度でしょう。購入を考えているのであれば、事前に大切にしたい点を自分の中でよく考えて、書き出しておくことをお勧めします。
いざ物件を前にすると、物件の特徴に気を取られ、自身の大切な条件を忘れがちです。紙に書くことによって、それらの条件をはっきりと認識することが出来ます。
条件が合わなければ、借りて住むのも一つの方法です。購入した時のリスクを考えると、借りて住む気軽さも捨てがたいものです。この点については、事前によく検討することをお薦めします。
買うことにこだわらない。
売れるものを買う
住宅が一般的な買い物と違うのは、高価であることに加えて、資産としての価値を持つ点です。大抵の買い物は、自分が欲しいものを買えばよいのですが、住宅は自分が気に入れば良いというものでもありません。お気に入りの我が家でも、市場が評価してくれなければ、いざというときに家が売れず、借金だけが残ります。
そのためには、購入を希望する物件の欠陥をプロに確認してもらうのも良いでしょう。販売業者が事前の調査を嫌がるようであれば、その物件には何か問題があるのかもしれません。
ほとんどの人は住宅をローンで購入すると思いますが、ローンで買う以上、現金化したい時に売れるかを常に意識することが重要です。
建物の品質以外にも、立地場所の履歴や、時間帯によって変わる周囲の環境なども確認するとよいでしょう。
特にその土地に詳しくない場合には、その土地をよく知る人たちに、そこがどのような場所であったかを聞いてみると良いでしょう。