ファイナンシャルプランナーとは?保険もみてくれる?

ファイナンシャルプランナーは一言で言えば家計のお医者さんです。
結婚をするにしても家を建てるにしても車を買うにしても留学をするにしても日々の食事をするにしてもどうしてもお金はつきまとって行きます。また人間誰しもこういった生活を送りたいくとうでこういった夢を叶えたいという理想を持つ者ってす。そういった人生の設計ライフプランを多角的な視点で資金計画を立てて経済的に安定して夢を一緒に叶えていく人がファイナンシャルプランナーです。

 

このような計画を立てて実施していくためには金融や税制不動産住宅のローン保険年金の制度などなどお金に強い人が必要になってきます。これを一人でできればいいのですがなかなかそういった人はいませんね。
ではファイナンシャルプランナーが具体的にどういったサポートをしてくれるのか?
下記のよう悩みや知りたいことを教えてくれます。

 

家計管理

貯蓄や貯金を増やしていくためにはどうすればいいのか?
家計の管理方法はどうすれば適切になっていくのか?
老後の生活費はどのくらいかかるのか?
老後の生活資金をどうやって準備したらいいのだろうか?

 

教育資金

子供の教育資金はどうやって用意したらいいの?
住宅のローンと教育費を両方今後ずっと支払いをできるのか不安だ

 

年金・社会保障

年金はいつからもらえるの?
出産や育児にもらえるお金あるのどのくらいなの?
住宅資金
どのくらいの物件なら自分に帰るのか?
今後の住宅ローンを少しでも少なくしていきたいな

 

 

資産運用

退職金をもらったけどどうやって運用したらいいのか悩んでいる
投資や株などに興味があるけど選び方がよく分からないから教えてほしい

 

保険

今加入している保険が本当に自分に合っているのか?
両親や妻に言われて保険に入っているけど保険金がちょっと高いな。なんとか安くしてもらえないかな?

 

介護医療費入院

介護費用って介護費用ってどのくらいかかるのかよくわからない
介護の保険がどんなものがあるのか知りたい

 

相続贈与

遺言や相続についてどうやって準備すればいいの?
孫に預金や資産などを投与するとき税金ってどのくらいかかるのか?

 

ファイナンシャルプランナーに相談するQ & A

 

Q良い人生を送りたいというのはあるんですが、何をどのように相談したらいいかよく分かりません。
A色々と考えでなぜファイナンシャルプランナーに色々と話してみてください。
なんとなく将来の夢や希望があるけど色々と不安だと言う人はたくさんいます。ファイナンシャルプランナーはそういった不安や夢希望といったものを真摯に受け止めて一緒に解決していくことが仕事です。
だからあまり考えずにひとまず自分の思っていることをそのまま伝えていくことが解決の第一歩です。

 

Qファイナンシャルプランナーに色々と相談したいことはあるんですが、プライバシーに関わることが多いから話すのが心配です。
Aファイナンシャルプランナーには義務が存在します。個人情報の流出やプライバシーに不安を感じる人もいると思いますが、ファイナンシャルプランナーはそういった個人情報には人一倍管理を徹底している人間がつける職業です。
だから安心して相談してみることができます。

 

Q相談する前に事前に用意していくものはありますか?
A家計状況がわかるものを事前に準備しておくと話がスムーズに進みます。
具体的には家計簿や貯蓄の状況ローンの返済の状況などなどわかるものを用意しておくといいでしょう。

 

 

ファイナンシャルプランナーに相談する前に知っておくとスムーズな話ができる保険の話
一口に保険と言っても多種多様な種類があります。
内容はなんとなくはわかっていてもその詳しい物までは理解していない人が多いと思います。
今回はファイナンシャルプランナーに相談する上でどういった保険が自分に合うのか事前知識をお伝えしたいと思います。

 

生命保険

定期・終身・養老生命保険の基本形です。生命保険は病気や不慮の事故による死亡高度障害の時に遺族に保険金を支払ってもらい遺族の生活保障を賄うものになっています。

 

医療保険

医療保険は病気や怪我で入院して手術を受けた場合に役立つ保険です

 

がん保険

今では癌は治せる時代になってきます。ただがんは短い期間で治るものもあれば何年もかけて直すものもあります。癌によって入院したり手術起きた時にがん保険に入っていればお金の心配も少なくなります。

 

学資保険

これは人気の件になっています。学資保険とは子どもの学費を組み立てることを目的としています。
子どもを被保険者にして入学や進学の時期に1時金が受け取れます。満期時には満期保険金が受け取れるという点も人気ですね。

 

個人年金保険

個人年金は契約時に定めた年齢から特定の額の年金を受け取れる保険になっています。
年金を受け取る時期・期間は多種多様な選択ができます。
老後の生活資金の準備として公的な年金ではカバーできない部分をこの保険に入ることで補うことが期待できます。

 

昭和40年の平均寿命を見てみると男性は168歳です。日本の経済成長を担って一生懸命働いて働くのが終わったら自分も豊かな人生を送っていたいやできるというのがこれまでの日本のスタイルでした。
陸上で言えば短距離型のタイプとなります。
一方これからはこれからは人生100年時代です。これからは陸上で言えば長距離型になります
年金や医療費住宅ローン税金資産の運用などなどお金の悩みは会社を辞めた後でもずっとつきまとってきます。ただそれが若いうちに判断力のある間にしっかりと自分で適切な判断をすることができて行けば一番なのですがなかなか一人では持って行かないのが実情です。充実した長い人生を送るためには健康と適切なお金の準備が大事になっています。

 

 

長距離の人生を歩む上ではゴール地点がしっかりと明確でなければなりません。ただ人生のゴールを正確に言える人はなかなか少ないのではないかと感じます。このような人生を送りたい、何年後はこうしたいという漠然とした思いは誰しもあると思います。それをしっかりと形にして明確なゴールしてどのくらい凍るまで距離があるのか測る必要があります。
それを一緒に計測したり考えたりしてくれる人がファイナンシャルプランナーです。
だから難しいことは考えずに、いい人生を送りたいと考えるのあれは無料相談から始めてみることが一番だと感じます。

 

オススメは『東大式FP』の無料相談!

数あるFPの会社の中で私は『東大式FP』がオススメです。
『東大式FP』は 将来の生活設計や資金計画、保険の加入状況などをヒヤリング。一人ひとりにぴったりのライフプランを無料で面談してくれます。
全国各地でセミナーも開催していてその満足度は95%を誇っています。
お金について漠然とした不安があったり、保険料をみなしたかったり、資金の運用を考えているなら、
お金のプロの東大式FPに無料相談することをオススメします。
下記ボタンリンクより申込ができます。(さらに現在はハーゲンダッツギフト券がついてくるキャンペーンを実施中です)

 

健康保険を守ることが最優先事項

 我々にとってもっとも大切なことは、どの医療保険が得か損かを考えることではなく、「健康保険(公的医療保険)をこれから先もどうやって存続させるか」に尽きるのではないでしょうか。そして、お金に「色」はありません。多額の保険料を支払うよりも、何にでも使える50万円、できれば100万円の預貯金を持つことです。
 言うまでもなく、日本の社会保障は大きな曲がり角に来ています。高齢者が増え続け、現役世代はこれから減り続けることが確定しています。「どんなに働いて稼いでも、税金と社会保障費で取られてしまう」といった絶望感・閉へい塞そく感が若者を中心に広まっています。我々としてはせめて、健康保険だけでも維持できる方向を模索しなければなりません。

 

 日本の総医療費は2016年において約42・1兆円。そのうち15・4兆円が75歳以上の高齢者に使われています。75歳以上の人口比率は13・3%でした。
 年を取れば病気が増えるのは仕方がないこととはいえ、国民全体で使う医療費の36%以上を使ってしまっているのです。この先、75歳以上の人口がさらに増えることを考えると、将来に不安を感じるひとが大勢出てきても不思議ではありません。
 しかも、高齢者の医療費のうち、かなりの部分が亡くなる前の半年間ないし3ヵ月間に集中しているといわれていますし、そのことを裏付ける研究論文も多数発表されています。いかなる医療の効果も期待できず、余命が数ヵ月以内と判断される時期を医学的に「終末期」と呼んでいますが、まさにこの時期のことです。
 土ど壇たん場ばであれこれ手を尽くす様子が垣かい間ま見えます。また、それによって多少の延命が実現していると思われます。
 しかし延命しても、結局は亡くなられてしまうのです。それに延命治療は、端はたから見ているとかなり悲惨だといいます。「寝たきり患者を、治療ではなく虐ぎゃく待たいしている」気分になると言う医師や看護師も多いと聞きますし、患者本人も(もし意識が残っているなら)「いい加減にしてくれ」と言いたいかもしれません。
 むろん、終末期医療のすべてが無駄と言うつもりはありません。延命ではなく苦痛を緩かん和わし、人生の残りの時間を穏おだやかで安らかに過ごしてもらうターミナルケアというものもあります。

 

 その点を考慮しつつも、仮に、明らかに無駄な延命治療についてやめることができれば、医療費やその他の社会保障費を含めて、1兆円程度は節約できるはずです。
 最近では、延命治療を望まない高齢者が増えてきています。また、その意思を「リビングウィル」として書き残そうという運動も増えてきました。
 残念ながら日本では、まだリビングウィルは法的に明確に認められているわけではありません。なんとなく、なし崩し的にその方向に進んではいますが、もし患者の意識がなく、家族や親類が延命を望む場合、たとえ本人の文書があっても医師が拒こばむのは難しいでしょう。
 しかし海外では、リビングウィルは当たり前になってきていますし、そもそも無理にでも延命しようという文化がありません。日本も早急に法制化を進めるべき時に来ているのです。
 また、過剰な延命治療の廃止で浮いた医療費は、若い現役世代の医療の充実、18歳未満の医療費の無料化、不妊治療の無料化などに充あてるべきです。若い世代を優遇しない限り、社会保険料の負担が重くなるなか、彼らに「健康保険を存続させたほうが得だ」と納得させるのは困難です。 

 

 保険会社が3割取るコスト高

 人件費・広告宣伝費などの諸経費を使ったあと、さらに収益が残らなければ保険会社は破は綻たんしてしまいます。したがって、保険料にはその分の費用が含まれ、加入者全体の収支は必ずマイナスになるわけです。さらに保険料は、人々が入院する確率などをあらかじめ高めに見込んで設定されていることも忘れてはいけません。
 いったい、保険会社にどれくらいお金が残る料金設定になっているのでしょうか。ヒントになるのは、保険会社の人たちが愛用している「団体保険」かもしれません。この保険は1年更新で、単年度の決算で余ったお金は「余剰金」として加入者に還付されます。例年、支払った年間保険料の30%程度には達するようです。「50%くらいに達する年度もある」と言う関係者もいます。

 

 一方、一般個人向けに販売されている保険では、契約が長期にわたるため、団体保険のように、どの程度お金が余る保険料設定になっているのかは分かりません。
 それでも、「アクチュアリー」と呼ばれる、生命保険会社や損害保険会社で保険料の算定などを行う保険数理の専門家によると、売れ筋の医療保険の場合、保険料には、保険会社の諸経費に使われるお金が、見込みで30%ほどは含まれているそうです。
 経費率3割である場合、「何かあった時に7000円を保険から調達(受給)するためには、軽く1万円を超える保険料を支払う必要がある」ということが容易に想像できます。入院日額5日分が2万5000円の場合、2万5000円のために4万円近く出費することになりかねないわけです。このように考えると、なにやら「利用を控えたいローン」のように思えてこないでしょうか。

 

更新履歴